Home紀伊路・中辺路伊勢路・大辺路高野路・小辺路吉野路・奥駈道中山道山陽道薩摩街道旧街道旅行記


○ はじめに
2003年春、「熊野古道」紀行を始めてから5年が経過した。「紀伊路・中辺路・伊勢路・大辺路」を 紀行し、京都からの「高野道」を経由して、山岳コースの「小辺路」を「本宮大社」まで踏破した。
残る「大峯奥駈道」は京都から吉野までの「吉野道」を歩き、、山岳・行者道の「大峯奥駈道」に トライし、大普賢岳まで到達したが、それ以降の行程はより厳しい山岳コースになるので、登山経験・体力を 考え足踏みしている。

残り少ない「熊野古道」踏破を一時中断して、他の古道散策を検討した。「東海道」「四国88ケ所」 「西国33ケ所」等俎上に上ったが、京都から江戸までを「東海道」より、自然が多いと思われる 「中山道」(69次・533km)を進もうと考えた。
単発的な紀行も良いが、「熊野古道」と同じ様に一つの古道を継続的に歩くことに喜びを感じるように なったからだ。
さあ、何時江戸の日本橋に到達するだろうか。(2008.04.25 記)

クリックで拡大します。(夢街道HPより)
○ 見聞記録 (中山道)


参考資料

「新版・中山道69次を歩く」 岸本.豊氏 信濃毎日新聞

京都・弥次喜多像

妻籠宿

和田峠

浅間山




 
広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー